イベント / セミナー

JSSEC スマートフォン セキュリティ・シンポジウム 2015
「スマホ社会で考えるサイバーセキュリティとリスク管理」

 本シンポジウムは、政府の取り組みであります「サイバーセキュリティ月間」にあたり、スマートデバイスの安心安全な利活用のために求められる情報セキュリティの普及啓発強化を目的として開催いたします。
 
基調講演を徳田英幸様(慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究委員長 環境情報学部 教授)、特別講演を谷脇康彦様(内閣サイバーセキュリティセンター 副センター長)をお招きしご講演いただきます。
その他、ウエアラブルデバイス利用のセキュリティに対する取り組みとウエアラブルデバイスの活用事例、スマートフォンの脅威などについて技術部会よりご紹介します。
 
 また、シンポジウム終了後には講演者との交流や日本伝統音楽である「長唄」などを催す交流会を実施します。
シンポジウムならびに交流会は、会員企業だけでなく、一般の方々にもご参加いただけますので、是非お申込みください。


■日 時: 2015年2月26日(木)13:05~17:00(予定)交流会:17:15~19:30
■会 場: 富士ソフト アキバプラザ5階 アキバホール
(東京都千代田区神田練塀町3)
■主 催: 一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)
■後 援: サイバーセキュリティ戦略本部、総務省、経済産業省、
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、
公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)、
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
■定 員: 200名(事前登録制)
■対 象: スマートデバイスの安全な利用に興味のある方。
情報セキュリティ関連業務に従事する方。
募集定員・参加費(事前登録制) ◇シンポジウム(定員200名)会員・招待者・報道関係者:無料
              一般:3,000円/人
※報道関係の方は事前のご連絡をお願いいたします。
◇交流会(定員60名)   2,000円/人
※一般でご参加の方には、
・Androidアプリの設計・セキュアコーディングガイド(JSSEC成果物)
・Androidアプリの設計・セキュアコーディングガイド解説DVD<基礎編>(JSSEC著作)
を進呈します。(事前登録の方限定)
(但し、部数に限りがございます。)

 
 

お申込み
お申し込みは締め切りました。多数のお申込みをいただきありがとうございました。

 

プログラム(予定)
時間 講演者
12:30~ 受付開始
13:05 ~ 13:10
<開会挨拶>
JSSEC事務局長 西本 逸郎
(株式会社ラック)
13:10 ~ 13:50
<基調講演>
「IoT/IoEのインパクト:接続されたセキュアサービスによるイノベーション」

<講演概要>
ITの進化の流れにおいて、Future Internet, Internet of Things/Everything, M2M, Cyber-Physical Systems, Big Data, Open Dataなど新しい技術が開発されてきている。これらの大きな流れの1つは、CPSに代表されるサイバー空間と物理空間の融合が加速され、その融合された空間におけるさまざまな“接続されたセキュアサービス (Connected Secure Services)”の創出が重要になっている。講演では、これら接続されたサービスの事例、課題を議論し、スマートシティやスマートタウンで実現されてきているSmartCityAppsなどについても報告する。

講師

 
慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究委員長
環境情報学部 教授 徳田 英幸
<略歴>
1975年慶應義塾大学工学部卒、同大学院工学研究科修士、ウォータールー大学計算機科学科博士課程修了。同大学准教授を経て、慶應義塾大学環境情報学部教授、常任理事、大学院政策・メディア研究科委員長、環境情報学部長を経て、現職。主な研究分野は、ユビキタスコンピューティングシステム、OS、Cyber-Physical Systemsなど。情報処理学会フェロー、日本ソフトウェア学会フェロー。現在、日本学術会議会員、情報処理学会副会長、重要生活機器連携セキュリティ協議会、iRooBO Network Forum会長、ASP・SaaS・クラウド普及促進協議会会長などを務める。


13:50 ~ 14:20
<特別講演>
「サイバーセキュリティ基本法:我が国が目指すその理念と施策」

内閣サイバーセキュリティセンター 副センター長
内閣審議官 谷脇 康彦
<略歴>
内閣官房内閣審議官(内閣サイバーセキュリティセンター副センター長)。84年、郵政省(現総務省)入省。郵政大臣秘書官、在米日本大使館 ICT 政策担当参事官、総務省総合通信基盤局料金サービス課長、同事業政策課長、情報通信国際戦略局情報通信政策課長、大臣官房企画課長、大臣官房審議官(情報流通行政局担当)などを経て、13年7月より現職。著書に「ミッシングリンク~デジタル大国日本再生」(12年7月、東洋経済新報社刊)など。

14:20 ~ 14:35 休憩15分
14:35 ~ 15:45
<技術部会講演>
「ウエアラブルデバイス利用におけるセキュリティ研究の取り組みについて」

<講演概要>
昨今のウエアラブルデバイスの発展に伴いビジネス用途への適応が始まりつつあります。業務利用には様々なセキュリティリスクを伴うことが考えられ、JSSECではこれらの利用シーンとセキュリティ対策の必要性を研究する検討部会を発足します。
この背景や今後の取組についてご紹介します。

JSSEC技術部会 デバイスワーキンググループ
– ウエアラブルデバイスセキュリティ研究TFの設置 –
ウエアラブルデバイスセキュリティTF発起人会
日本電気株式会社 スマートデバイス事業部 関 徳男

【事例講演】「ウエアラブル端末動向とビジネス活用に向けた期待と課題」
~JAL×NRIウエアラブル端末実証実験の経験から~

<講演概要>
NRIの「未来ガレージ」では、お客さまとともに共同実証実験を通じてウエアラブルデバイスのビジネス活用の方向性を研究してきました。
本セッションでは、Google Glassやスマートウォッチの業務適用の実証実験を通じて、これまで得られたウェラブル端末の業務活用に向けた期待と課題をご紹介します。

野村総合研究所 IT基盤ソリューション事業本部
イノベーション事業グループ 上級研究員 亀津 敦

15:45 ~ 15:55 休憩10分
15:55 ~ 16:35
<技術部会講演>
「今年のモバイルインシデントへの備え・2014年事案から紐解く」

<講演概要>
モバイル機器はOSとセンサーを搭載し、クラウドと結びつきました。これにより、我々利用者の生活はどのように変化したのでしょうか。進化し続ける技術に対し、悪用を狙う犯罪者。これまでの通説は覆され、未知の領域に対する備えが求められようとしています。
本セッションでは、2014年事案を振り返ることで、今年発生が予測されるモバイルインシデントと、その備えについて検討します。

JSSEC技術部会 マルウェア対策ワーキンググループ
トレンドマイクロ株式会社
プログラムマネジメント・オフィス シニアリサーチャー 林 憲明

16:35 ~ 16:55
<記念講演>
「JSSECがこれから進むべき領域について」

JSSEC 会長
安田 浩
(東京電機大学 未来科学部 学部長)

16:55 ~ 17:00
<閉会挨拶>
JSSEC企画運営委員長 清水 博幸
(ソニー株式会社)
17:15 ~ 19:30 交流会
日本伝統音楽「長唄」ライブ開催!
※ 於:アキバプラザ5階 レセプションホール(アキバホール同階)