イベント / セミナー

JSSEC技術部会主催
フィンテックでのスマートフォン利用、
その技術側面からセキュリティを考える

 昨年末のビットコインを筆頭とした仮想通貨フィーバーは記憶に新しく、フィンテックが知名度を上げた結果として、フィンテックサービスを利用するユーザが急増している。
それに伴いスマートフォンで利用できる 「フィンテックアプリ」も増加している一方、フィンテック関連の事件が紙面を賑わせた事も事実である。

 スマートフォンはユーザに密着したデバイスであり、「いつでも」「どこでも」 便利に利用できることがユーザにとって好まれており、家計簿や仮想通貨の売り買いなどのサービスがより手軽に利用してもらえるように、スマートフォンをインターフェースとして、企画・設計されていくことは想像に難しくない。

 このような状況において、フィンテックサービス開発者は、ユーザが 「いつでも」「どこでも」利用できる事に加えて 「安全・安心」 に利用できるように設計しなければならず、金融機関との連携(APIの利用)も含めた安全性の高いフィンテック用サービス・アプリケーションの作成をしていく必要がある。

 このような背景のもと、今後、独自サービスの開発だけではなく、既存のサービスへのフィンテックテクノロジーの取り込みや、既存フィンテック企業とのコラボレーションなどが進展していくと考えられるため、フィンテックの現状や期待、また、安全性などについて各方面の専門家等の講演を通じてスマートフォンにおけるフィンテックのサービス・アプリケーションレイヤーの更なる活性化・発展を目指す事を目的とし、本セミナーを開催いたします。


■日時: 2018年6月8日(金)13:25~17:25(受付開始 13:00~)
■場所: 株式会社 ラック 2階 カフェテリア
(東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー)
■主催: 一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)
■対象: ・フィンテックレイヤサービス(アプリケーション)への新規参入予定企業の
 サービス企画者、SE、プログラマー
・フィンテック製品の導入予定技術者・アナリスト
・フィンテック企業とのコラボレーション企画担当者
・メディア(記者等)
・その他、フィンテックに興味のある方
■募集定員: 100名(事前登録制:先着順)
■参加費: 無料

 

お申込み

盛況のうち終了しましたこと、御礼申し上げます。

 

プログラム
時間 講演内容  
13:00~ 受付開始
13:25~13:30
<開会挨拶>
株式会社日本総合研究所 プリンシパル 東 博暢 氏(JSSEC理事)
13:30~14:10
<基調講演>
「フィンテックの今後の動向とセキュリティの現状について」
      京都大学 公共政策大学院 教授。金融庁 参与、
      PwCあらた有限責任監査法人 スペシャルアドバイザー 兼務
        岩下 直行 氏
14:10~14:50
<技術セミナー>
「Ethereumとスマートコントラクトのセキュリティについて」

      NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
       セキュリティエンジニア
        田篭 照博(たごもり てるひろ) 氏

14:50~15:20
<休憩>
休憩
15:20~17:20
<パネルディスカッション>
「銀行以外が考える銀行の未来」
パネリスト
   京都大学 公共政策大学院 教授。金融庁 参与、
    PwCあらた有限責任監査法人 スペシャルアドバイザー 兼務
        岩下 直行 氏
   日本ヒューレットパッカード
    新事業推進室 室長 兼 通信メディアCTO   
        重松 隆之
   株式会社日立システムズ
    金融事業グループ 事業企画本部 ビジネス企画部 部長
        齊藤 豪 氏
   マカフィー株式会社
    モバイルセキュリティ エンジニアリング
    シニア モバイルセキュリティ&IoT リサーチャー
        奥富 幸大 氏
モデレータ
  JSSEC技術部会長 谷田部 茂 氏
17:20~17:25
<閉会挨拶>
JSSEC技術部会長 谷田部 茂