ホーム > 活動内容

活動内容

日本スマートフォンセキュリティ協会では活動を4つの部会に分け、
部会内に複数のワークンググループを設け、調査、計画の推進のための活動を行っています。

利用部会

部会長
選任手続き中(代行:松下副部会長)
副部会長
北村 裕司  (サイバートラスト株式会社)
副部会長
松下 綾子  (アルプスシステムインテグレーション株式会社)

部会の目的および目指す成果

安心・安全なスマートフォン利用のために情報収集と課題を整理し、情報発信を行う。 又、近年のスマートフォン利用形態の変化に合わせ、IoTの導入など利用企業の共通的 な経営課題を中心にテーマを選定し、利用事例の調査や新しい技術の調査・研究の成果 を発信する。

技術部会

部会長
仲上 竜太  (株式会社ラック)
副部会長
佐藤 導吉  (東京システムハウス株式会社)

部会の目的および目指す成果

スマートフォンを安全に利用するための技術的な調査・研究・議論を行う。具体的には4ワークグループで構成し成果物を公開する事で、日本におけるスマートフォン利用の安全性向上に寄与する。

年間計画(概要)

  • 定期部会は年二回開催、その他、必要に応じて開催する
  • 成果物
    • 「Android アプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」日本語版・英語版・中国版)
    • 位置情報を利用したサービスとセキュリティ(仮題)(予定)
    • その他の成果物については完成次第公開

パブリックリレーションズ部会

部会長
田上 利博  (サイバートラスト株式会社)
副部会長
小椋 則樹  (ユニアデックス株式会社)
副部会長
瀬瀬 考平  (サイバートラスト株式会社)

部会の目的および目指す成果

JSSECが行うすべての活動について普及啓発するための情報配信を行う。

年間計画(概要)

  • メディア対応/各種成果物、JSSEC活動に関する情報配信
  • イベント・セミナーの企画・運営
  • 他団体との連携

啓発事業部会

部会長
藤平 武巳  (NTTコミュニケーションズ株式会社)

啓発事業部会発足の趣旨

JSSECがスマートフォンの安全利用を推進し広く社会に貢献するため、積極的に啓発活動展開を行うことを目的とする。
また会員企業に対する参加メリットの拡大を図り、活発な活動をサポートし、入会メリットの明確化により、新規入会企業の獲得の強化を行う。